さかたのりこ先生講座風景

賢い男がやっている「前屈」の深め方

【運動量】★★★★★
前屈が苦手なら、前屈の練習をやめよう!!
前屈を深める柔軟性がほしければ、前屈の練習をする・・・というのが一般的な考えですがちょっとだけ“頭脳”を武器にしたヨガに触れてみませんか?

なぜならば身体が硬い方は、そもそも前屈の練習はあまり好きではないのでは?と思うからです。

この日、メンズの皆さまだからこそオススメしたいのが、力強く男らしい、戦士のポーズから2つ。

  • 後屈系:戦士のポーズ1番
  • バランス系:戦士のポーズ3番

実はこの2つ、解剖学的にみて正しいアライメントで行えば確実に前屈を深められるポーズなんです!!

【前半・理論】右脚をペアワークでどんどん伸ばそう!
賢い男がやっている「前屈」に深め方
論理的思考を持ったメンズの皆さんには、ヨガ解剖学という理論的学問が味方になります。
例えば・・・

  • なぜ戦士のポーズ1番は、かかとを床に預けなければいけないのか?
  • なぜ戦士のポーズ3番は、骨盤を床と平行に保たなければいけないのか?

その「なぜ?」に対してヨガ解剖学は気持ちが良いほど明快な答えをくれます。皆さまの右脚に現れる驚きの変化がそれを証明してくれます!!

【後半・実践】左脚はフローの中で、自分でチャレンジ!
賢い男がやっている「前屈」に深め方
前半でお伝えした解剖学の知恵を用いて、実際に動いていきます。
左脚への効果はご自身で探してみてください。理論は実践で落とし込めてこそ、素晴らしい知恵となります。

  • 解剖学の知恵が内観のツールとなり、深い集中へと誘います。
  • 自ら肉体をコントロールすることは、自制心を養います。

きちんと右脚と同じくらい、左脚が伸ばせるかは自分次第!!!
ご自身のハッピーはご自身で掴んでいってくださいね!

2018年05月20日
第十四回 オハナスマイル ヨガスタジオ|祐天寺店

講師紹介

さかたのりこ
鍼灸師でありヨガ解剖学講師・内田かつのりに師事し、ヨガインストラクターとしては異例の、解剖学だけで300時間以上を履修を誇る。以降、同氏のアシスタントとして右腕となる傍ら、2013年3月Yoga studio Manawa Houseを設立。ヨガスタジオ経営者としての知識と経験を活かし、ヨガインストラクター向け講座も開催している。

ヨガフェスタ横浜 出演講師

True Nature TOKYO 出演講師

Uchida Camp! OSAKA and TOKYO 出演講師

オハナスマイルヨガスタジオ レギュラークラス講師