chama先生インタビュー写真3

誰でもできる!歩く瞑想

【運動量】★★☆☆☆

瞑想でストレスを解消しませんか?
今、メディアで話題の”瞑想”や”マインドフルネス”。特に男性の間で、ストレス軽減のツールとして注目を集めています。厚生労働省の調べによると、30代から40代の男性で「悩みやストレスがある」と感じている方の約70%が、「仕事」に原因があると考えているようです。

日本のヨガ界の第一人者の一人であるchama先生が手がけるこのクラスでは、「ストレス解消」の効果にフォーカスします。普段、企業で「上昇」「成長」「達成」を求められ、意識が外に向きがちな働き盛りの男性。この時間だけは体を動かし、瞑想をすることで、自分の内側の「静」を感じてみます。

実際のクラスで行うのは「歩く瞑想」。瞑想というと、”座って行う”イメージがありますが、実は身体を動かしながらも瞑想はできるのです。身体の動きに意識を集中させることで、雑念が浮かびにくい状態になるので、初心者の方に適した瞑想法として知られています。

駅から会社までの短い通勤時間でもできる瞑想法を習得しませんか?chama式の歩く瞑想で、ストレスフリーな毎日を手にいれましょう!

【クラス内容】
・瞑想・マインドフルネスの基礎知識
・”歩きやすい”姿勢をつくる背骨・肩・股関節へのワーク
・はじめての呼吸法
・足に意識を向けて楽に歩く練習
・歩く瞑想
・歩く瞑想と呼吸法を同時に行ってみる
・終わりに:リラックスのための簡単なワーク

瞑想するメンズ

2017年04月30日
第九回 オハナスマイル ヨガスタジオ|祐天寺店

講師紹介

chama

本名 相澤 護

1967年東京生まれ。

『Live & Peace YOGA !!』を掲げ、東京を中心に活動。

国内外のカンファレンスやイベントで定期的に講師をつとめる。


E-RYT500ヨガティーチャー。TOKYOYOGA創設者 ディレクター。東京を拠点に国内外で指導。レゲエクラブ経営、テレビやCMの企画・制作、ケンハラクマアシスタント、海外ヨガ修行等を経てヨガ講師となる。

インドにてアシュタンガヨガ創始者 SriK.Pattabhi Joisの直接指導を受け、その後リストラティブヨガの創始者であるJudithHanson Lasaterに師事。機能解剖学を平山昌弘、クラニオセイクラムを森川ひろみに学び、ボディワークの要素や体感系解剖学のワークをヨガ指導に取り入れている。


表参道・渋谷でのレギュラークラスを中心に全国でワークショップや講師養成講座を開講。香港Asia Yoga Conference、ヨガフェスタ横浜など国内外のイベントで定期的に講師をつとめる他、ヨガの普及を目的とした様々なプロジェクトを展開。ヨガの普及につとめる日本人ヨガティーチャーとして2012年米国版「YogaJournal」にて紹介される。


HP:http://chama-yoga.com/

Facebook: http://facebook.com/chama.tyg

TYG/TOKYOYOGA: http://tokyo-yoga.com/corp