肩こり男性

メンズヨガ!男性にこそヨガが必要な理由 まとめ

多くのモデルさんや女優さんなど、女性がキレイを保つためにヨガをしているのは、もはや常識となってきていますが、実は、できる男性もヨガをしています。

有名なところではビートルズ、アップル設立者のスティーブ・ジョブズ、格闘家のヒクソン・グレイシー、俳優のアル・パチーノ、テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチなど、各業界の著名人がヨガを取り入れた生活を送っていたことがわかっています。

これは、彼らが、ヨガから得られる考え方や生き方、効果を実感していたからではないでしょうか?そこで今日は、男性にこそヨガが必要な理由をご紹介します。

日々ストレスにさらされている

これは女性にも言えることがですが、仕事では多くのストレスがあります。納得いかないことをやらなければならないことや、思うようにいかなくてストレスが貯まることも多々。そんな時、女性はアロマやネイルをすることによって、自分で自分を癒すことができると言われていますが、男性は、自分を癒すという習慣がなく、ストレスをそのまま貯めがちです。

だからこそ、身体を動かして、気持ちよくストレスを発散、解消できるヨガが必要です。

人と比べる習慣が身に付いている

学業においても仕事においても、競争社会で生きているのが男性。出世を考えると同期には負けられないなど、常に人と比べる習慣が身に付いている男性は多いものです。

それに対してヨガは、自分との対話を大切にしています。初めは、周りの人と比べてしまうかもしれませんが、そもそも、男性よりも女性の方が柔軟性が高い方が多く、そんな女性と比べても、勝つのはなかなか難しいです。そこで「人と比べても意味がないな」と気づいてもらえれば、ヨガの場では、人と比べる習慣を手放すことができ、自分自身と向き合う時間を作ることができます。

繰り返される日々の中で、一時でも、そういった時間を作ることは、人生を長い目で見た時には、大きな違いが生まれます。

身体が硬い人が多い

頭痛男性男性で、体力作りのためにも、フィットネスクラブやジムでトレーニングをしているという方は、ヨガをしている人口に比べて多いと思います。ですが、ジムで行なうトレーニングは、ランニングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどの無酸素運動が多く、ストレッチを積極的に取り入れている方はあまりいらっしゃいません。筋肉がしっかりとついている方でも、身体が硬くて自分で背中を掻くことができないという人もいるほどです。

ヨガは、ご存知の通り、柔軟性を高める動きが多くあります。柔軟性が足りないとトレーニング中にも怪我を起こしやすいなど、生活の中で困ることが増えてきます。だからこそ、身体が硬い方に必要なのがヨガです。
 
 
男性のヨギーも増えてきましたが、まだまだ女性が多いヨガ業界です。まずは、身の回りの男性で、「この人、ヨガした方がイイんじゃない?」と思う人がいたら、勧めてみてはいかがでしょう?

ベータヨガトレーニング初めての方大歓迎!
男性限定、お手頃価格でヨガを体験!

メンズヨガイベント Beta Yoga Training
東京にて定期開催中!

テーマから選んで気になるクラスだけご参加いただけます。男性限定、運動不足のヨガ初心者さんにも安心してご参加いただけるイベントです。

詳細はコチラ⇒⇒