masa先生インタビュー写真2

最近、本当に「集中」できていますか?|中島正明先生インタビュー【前編】

メンズよ、ヨガで本来のパフォーマンスを発揮せよ

中島正明先生インタビュー【前編】|最近、本当に「集中」できていますか?

 

トップアスリートや経営者が取り入れていることでも話題の瞑想。ヨガでは、メディテーションともいいます。ヨガに精神面の効果を期待するメンズなら、興味のある人も多いのでは。

そもそも何をするの?
難しいんじゃないの?
スピリチュアルっぽくてちょっと怖い。
スタジオに集まってやるより、家で独りでしたほうがいいんじゃないの?

そんな疑問にお答えいただいたのは、大人気ヨガティーチャーであり瞑想・禅実践家の中島正明先生。「頭脳明晰」「シャープ」という言葉がぴったりくる、まさに「男が憧れる男」という印象の先生です。メンズの皆さん、必読ですよ!

 

緊張状態からアイデアは生まれるか?

――いきなり結論からうかがってしまいますが……男性が、ヨガの瞑想に期待できる効果を教えてください。

男性に限りませんが、そもそも、現代人は「超緊張状態」にあります。例えば仕事がものすごく忙しくて、交感神経が常にバリバリにはたらいているような状態。そんな状態で仕事がはかどるわけがないんです。というのも、アイデアや創造性というのは、リラックスした状態から生まれるから。この緊張状態をリセットするために、温泉やマッサージもいいけど、ヨガがすごく効果的なんです。

ヨガを通して、集中力も身についてくる。そうすると、日常やビジネスでも、自分で意識的に集中を保てるようになるんですよ。

逆に言えば、緊張状態が続きすぎて、そもそも「集中できていない」ことに、気付いていない人が多い。夢想状態というか、例えばA社と打ち合わせをしている最中に、無意識にB社のことや夕飯のことを考えてしまっている……という具合です。

 

リセットが必要なのはこんな人

――先生が教えていらっしゃるなかで、「この人は緊張状態が強すぎる」「リセットが必要だ」と思ったことはありますか? なにかサインはあるものでしょうか。

よくありますよ。例えば、こんなサインです。
 ・身体が動いていない
 ・表情がかたい、乏しい
 ・目が妙にすわっている
 ・覇気がない
 ・必要以上にやたらと頑張っている

 

――なるほど、他人が見たらわかりやすいですね。でも、誰かが指摘してくれるとは限らないし……自分で気づくためのサインやポイントは何かありますか?

色々ありますよ。
 ・身体の疲れが抜けない
 ・ものごとや対人関係がうまくいっていない
 ・イライラする
 ・異様に快楽に走ってしまう(酒や煙草など)
 ・願ったことが叶わない
 ・自己評価が低い
などです。いずれも、実は自分の中の統合がとれていないから生じるものだから。

もっとわかりやすい例は、朝起きた時に「あ~あ、会社だ……」と肩を落としているような人。仕事が、嫌なこと、義務になっていますよね。緊張が続きすぎて、感じることができなくなってきて、やりたいこと、好きなことが見えなくなってしまっている。

 

――「あ~会社だ……」は、ドキッとする人が多い気がします。あれ、自分、大丈夫かな?と思ったら、リセットのためのヨガを試してほしいですね。

後編では、瞑想の取り入れ方、スタジオに行くメリット、効果についてうかがいます!

 
>>中島正明先生インタビュー【後編】:瞑想は誰でも気楽にできる
 

中島正明先生プロフィール

講師のご紹介

中島正明

講師プロフィール・クラス開催