masa先生インタビュー写真1

瞑想は誰でも気楽にできる|中島正明先生インタビュー【後編】

メンズよ、ヨガで本来のパフォーマンスを発揮せよ

中島正明先生インタビュー【後編】:瞑想は誰でも気楽にできる

 
>>中島正明先生インタビュー【前編】:最近、本当に「集中」できていますか?
 

集中力や創造力アップのためには、まず「超緊張状態」をリセットすることから。それにはヨガや瞑想が効果的……というのが前半のお話でした。では、具体的にどんなことをするのでしょうか。そして、その効果とは?

 

瞑想は、「自分で自分をメンテナンスする」方法

――そもそも、瞑想ってどんなものでしょうか。座禅を組んで、ひたすら黙っているようなイメージですが……?

本当は気楽にできるものなんですよ。
先ほど(前半で)話したような緊張や疲れをとりたいなと思ったときに、マッサージに行く人もいますよね。それもいいですが、ヨガの瞑想は、マッサージで人に頼らなくても、自分で自分の身体と内側をメンテナンスできる、その方法なんです。

――いきなり座禅を組むわけじゃないんですか?

まずヨガのポーズをとって、少し身体をほぐします。動くことで身体を温めて、内側に意識を向けやすくして、最後にシャバアーサナ(仰向けに寝転ぶポーズ)でリラックスする。すると疲れがすごく楽になります。それから瞑想に入りますが、座り方だって何でもいいし、服装もこだわらない。ヨガのポーズだって、できる、できないは関係ないんです。やること、そこに向かうこと自体に意味があるから。

そうやって、いつでもどこでも自分をメンテナンスできるようになると、普段から、自分の状態がわかるようになる。ちょっと疲れたら予防的にヨガをおこなうといったことが、できるようになるんです。

 

ヨガで存在感もアップする?

――精神面での効果が絶大なことはよくわかりましたが、他にも期待できる変化などはありますか?

身体、フィジカルの面も効果は大きいです。ヨガをすることで、身体の感覚をしっかり持つことができてくる。身体の感覚がある人は、存在感が増します。日本では昔から「肚がすわっている」と表現しますが、そういう感じです。たいていのビジネスは実は対人関係ですよね。だから、身体性が大切なんです。もちろん人によって特性はありますが、その人が持つ本来のいい特性が、ヨガをすることでチューン・アップされ、いい効果をもたらすんだと思います。

 

まずはスタジオに行ってみよう

――男性は特に、女性が多いとか、身体が硬いとかの理由で、ヨガスタジオに行きにくいみたいです。それに瞑想の場合、独り静かにやるもの、みたいなイメージもありますが、スタジオに行く意味はあるんでしょうか?

あります(きっぱり)。
まず、人間って、実は言語コミュニケーションの割合がそんなに高くない。欧米とくらべて、特に日本は非言語コミュニケーションの率が高いんです。つまり、インストラクターやまわりの人と、言葉ではないやりとりがたくさんある。ひとりではできなかったポーズがスタジオではとれたとか、家よりも深くリラックスできたとか、そういう声は本当にしょっちゅう聞きますよ。場を共有することで、コミュニケーションが生まれているんです。独りでDVDを観たり本を読んだりしてヨガや瞑想をするより、ずっと効果が出やすい。

それに、人は人の中にいるだけで自己肯定感が高まるんです。スタジオに来るだけでも、精神面に効果があるということですね。

――先生の瞑想のクラスは、男性も参加していますか?

通常のヨガのクラスより、男性の割合は高いです。通常は男女比1:9ですが、瞑想は3:7くらい。スーツ姿の方とか、年齢も色々な男性が来ています。安心して来てください。

――最後に、こんな男性に来てほしい!始めてほしい!というメッセージをお願いします。

普通に生活しているけど、最近なんかうまくいっていないなぁ、という方。力を発揮してこなかった方。そういう方に、ぜひ来てもらって、本来持っている能力を発揮してほしいですね。ハードルは、全然高くないんで。

ブームは来はじめています。男性諸君、乗り遅れるな!

 

中島正明先生プロフィール

講師のご紹介

中島正明

講師プロフィール・クラス開催